スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外資系で出世する人 その理由 

こんにちは。

前回のエントリー、外資系で出世する人とは? の続きです。 


人柄が大切ってどういうこと? かということなのですが、やはり社内で上司からの評価がいいのはもちろんですが同僚、部下からも評価がよくないと難しいようで。。。 (外部の業者に委託して360°調査など実施していますよね) 

人柄に関して、さすがだな~と思った点を(勝手ながら)3つ申し上げます。

裏表がない、嘘をつかない、悪口を言わない

です。 エグゼクティブに対してそれ~? という声が聞こえてきそうですが(汗)、そうなんです。


1. 裏表がない   

見た目よりずっと上下関係が厳しい外資系企業ですが(この件についてはまた別途)、とにかく上司の権限が大きいので、(人事権のある)上司には絶対服従です。 とはいえ、ある程度のポジションで上に対してはゴマすり、下に対しては傲岸不遜なマネージャーは、部下がついてきてくれませんし、そういう事例は、なぜか(本当です)いつか知って欲しくない人(本人の上司など)の耳に入ることになったりするようです。 

*私のかつての勤務先の海外本社の若手マネジャー(外国人)でビジターとして来日した時に、とても感じの良い方がいました。 

サポート依頼事項も適切に説明してくださって、いちいちお礼も言ってくださり(ちなみに、皆さん忙しいし、お礼をいう暇のないこともあり、こちらはその点気にしていません。お仕事ですから!) わざわざありがたいな~ と思うほどでした。

かつて「若手」だったころから10数年後の現在、その方は全社の中で、限りなくトップに近い立場にいます。

当時からあまりに腰が低いので、実はすでにそれなりに偉い人だったという感覚がこちらローカル秘書側にも薄く。。(気軽に接してしまって失礼いたしました。) 

実際、そういう方とちょっぴりの本音を交えて言葉を交わすと、サービスを受ける側の本音もわかるし、今後の仕事にとてもためになるのですよね。 

オーラのある人という言い方がふさわしい方でした。 




あと2つのポイントについては、また次回に。



<メールマガジンのご案内>
外国人トップエグゼクティブに接してわかった、外資で仕事をするうえで大切なこと、成功の秘訣、効果的なストレス解消法、ここだけの話、などブログには書かないことも盛り込んだ6回シリーズのメールマガジンを発行しています。 

ご登録はこちらをクリックしてくださいね







ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 外資系サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
にほんブログ村

トラックバック

コメント

はじめまして、ミホコさん、Dachodesuと申します。

記事を楽しく拝見させていただいております。

わたしは外資系日本支社に努めるサラリーマンでございますが、なかなかミホコさんのおっしゃるような方に出会ってないです・・・・。
ほぼ支社には本国の人は皆無なので、向こうの偉い人はちゃんとした人が多いんでしょうね、きっと!

突然のコメント、失礼いたしました。
Re: タイトルなし
Dachodesu様

はじめまして、コメントありがとうございました。 

直接、お会いしたマネジメントには国内・国外多数いらっしゃいますが、おそらく人柄も実績も特に素晴らしい例を本人が特定されないような範囲で書かせていただいておりますので、余計そう思われるかもしれません。 

実際には永年勤めているとそれこそいろいろな方がいらっしゃいますし、ちょっとこれは。。。という方と比べるといわゆる「人格者」の良さが余計に際立ってしまう気がします。 

これからもよろしくお願いいたします。 

ミホコ
  • 2015-02-02│00:08 |
  • FC2mipo URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

FC2mipo

Author:FC2mipo
こんにちは、MIHOKOと申します。 

1990年代半ばから約20年間、外資系企業などで外国人・日本人両方の役員秘書として、多国籍でエリートの方々と接するうちに、彼らが1日24時間あっても足りないようなスケジュールの激務をこなすのは強い信念があるからに違いない、と思うようになりました。 

そしてさらに、信念だけではない「なにか」を持っていることに気づきます。体力、気力、インテリジェンスのほかに大切な「なにか」。。。

そんなシークレットを地道に追求しつつ、何とか自分なりに言葉にしてみました。皆様の日々の生活がさらに充実するために何らかの形で参考にしていただけたらこんな幸せはありません。

詳しいプロフィールは以下の通りです。

フリーランスのパーソナル秘書、コラムニスト、ライターとして活動中。

★職歴・資格
大学卒業後、自動車メーカー研究所・米国メーカー勤務の後、英国へ語学留学。

その後北欧に駐在しフィンランド・スウェーデン間の定期航路客船に日本人アテンダントとして乗務。 
日本に帰国ご外資系・日系企業の役員秘書業務に2014年10月まで通算約20年携わる。

秘書として担当した上司は、日本人では一部上場企業の代表取締役、外国人(国籍:英・米・ベルギー・カナダ・オーストラリア・ブラジルなど)は海外本社のエグゼクティブVP以上の役職のトップマネジメント。
スケジューリング、駐在員家族の対応、ぺットの動物検疫から100名規模のオフサイト会議設営、プライベートジェットの手配まで幅広い経験を積む。

その他の業務としては一年間、商社の翻訳担当としてニュース記事のヨーロッパ諸国向け翻訳(日⇔英)を担当。

通訳(随時)としてはメディア関連・海外アーティストとのスカイプ会議の通訳などを手掛ける。

他には、英語インタビュー画像の日本語化(テープ起こし)、手紙の作成などを得意とする。

2016年3月から 著名媒体にエグゼクティブ層向けに執筆したコラム記事が掲載開始 

取得資格:
CBS(国際秘書) アソシエイト(準CBS)
ケンブリッジ英検 ファースト

その他の活動:
エストニア e-resident (電子居住者)
 2015年6月在日本 エストニア大使館にて取得

お問合せはこちらからお願いいたします。


































最新記事

ランキング

カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。