スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外資系で出世する人 その理由 2つ目

こんにちは。

ひとつ前のエントリー、外資系で出世する人 その理由  の続きです。


人柄、の1つ目の要素として(勝手に) 裏表がない、嘘をつかない、悪口を言わない をあげましたが
2つ目の 嘘をつかない について。

2. 嘘をつかない 

正直に伝える、といった方が表現としては正確かもしれません。 
Honesty というのは美徳として受け取られることが多いですし、会社のクレドとかタグラインとかにも良くつかわれますよね。 


さて、かつてサポートした、欧州某国出身の切れ者上司の例ですが、(本当に人生で出会った地頭の良い人ランキング1位か2位だと思う。 キレキレ)。 トントン拍子の勢いで偉くなった方です。

このレベルになるとこちらが何かミスしても、小手先のごまかしは全く効きませんので、こちらからの対応としては、なにか問題と思われる事が起きても素早く、正直に言う方が長い目で見て、自分にも相手にも会社にもダメージがないです(実感)。 エグゼクティブの役割は判断をすること(相手を責めることではない)。 なので、事実をありのままに報告して指示をまちます。

上司本人は、日本的にはこんなこと言ったら恥をかくのでは、というような場面でも、正直に疑問を投げかけてきますし、わからないことは追及して来ます。
急がない仕事に急げ! と上司は(エライ人ほどその権利があると思って)言いがちですが、それはなし。 むしろ、そんなにすぐやるな、手が空いてからにしろ、と注意される始末(優先順位を考えろということ ~ 目の前のことにとらわれるのではなく、仕事全体の優先順位を考えてやれということをハッキリ言ってくれました)。

自分がそうだから部下や秘書にも当然同じ水準を要求。 見た目楽ということは、本質的に評価されているということで、(とにかくその場だけおもてなししてもダメ)楽ではないのです。

結局、嘘をつくと、そのつじつまを合わせるために嘘をつき続けなくてはいけないので、どこかで矛盾が生じるのです。カバーアップするための工数の方が大変。 
それを防ぐため最初から本当のことを部下や秘書にも言いますし、無理なことはしません。 

相手を信頼して(適切な指示もして)任せることによって、結局、無駄がないのです。 
 
正直、こういう上司のサポートはしやすいし、任せてもらえると秘書冥利に尽きますね。 

優れた人だから、優秀な秘書がつくのか、指示が良いから秘書が良い仕事をできて優秀に見えるのか。。。(私の場合は後者だったと思います)。 
鶏と卵の間柄みたいですが、本当にHonest であることによって部下みんなのモチベーションが上がって、職場に良い循環を呼ぶと思います。  

余談ですが、外国人同僚に、何か起きたときのコメントとして to be honest, ~~~~といわれたら、そのあとにネガティブな要素が来るのを覚悟しますが、言ってもらえる間柄だということにまず感謝しますね。(直接言ってもらえないよりいいですよね)

何しろ外人相手だと、空気読み文化を期待してはいけないので、自分が悪者になる可能性があっても(というか、秘書はその面倒をするためにいる)とにかく伝えることがとっても大事。


次回は3つ目のポイントについてお届けします。




<メールマガジンのご案内>
外国人トップエグゼクティブに接してわかった、外資で仕事をするうえで大切なこと、成功の秘訣、効果的なストレス解消法、ここだけの話、などブログには書かないことも盛り込んだ6回シリーズのメールマガジンを発行しています。 

ご登録はこちらをクリックしてくださいね







ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 外資系サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

外資系で出世する人 その理由 

こんにちは。

前回のエントリー、外資系で出世する人とは? の続きです。 


人柄が大切ってどういうこと? かということなのですが、やはり社内で上司からの評価がいいのはもちろんですが同僚、部下からも評価がよくないと難しいようで。。。 (外部の業者に委託して360°調査など実施していますよね) 

人柄に関して、さすがだな~と思った点を(勝手ながら)3つ申し上げます。

裏表がない、嘘をつかない、悪口を言わない

です。 エグゼクティブに対してそれ~? という声が聞こえてきそうですが(汗)、そうなんです。


1. 裏表がない   

見た目よりずっと上下関係が厳しい外資系企業ですが(この件についてはまた別途)、とにかく上司の権限が大きいので、(人事権のある)上司には絶対服従です。 とはいえ、ある程度のポジションで上に対してはゴマすり、下に対しては傲岸不遜なマネージャーは、部下がついてきてくれませんし、そういう事例は、なぜか(本当です)いつか知って欲しくない人(本人の上司など)の耳に入ることになったりするようです。 

*私のかつての勤務先の海外本社の若手マネジャー(外国人)でビジターとして来日した時に、とても感じの良い方がいました。 

サポート依頼事項も適切に説明してくださって、いちいちお礼も言ってくださり(ちなみに、皆さん忙しいし、お礼をいう暇のないこともあり、こちらはその点気にしていません。お仕事ですから!) わざわざありがたいな~ と思うほどでした。

かつて「若手」だったころから10数年後の現在、その方は全社の中で、限りなくトップに近い立場にいます。

当時からあまりに腰が低いので、実はすでにそれなりに偉い人だったという感覚がこちらローカル秘書側にも薄く。。(気軽に接してしまって失礼いたしました。) 

実際、そういう方とちょっぴりの本音を交えて言葉を交わすと、サービスを受ける側の本音もわかるし、今後の仕事にとてもためになるのですよね。 

オーラのある人という言い方がふさわしい方でした。 




あと2つのポイントについては、また次回に。



<メールマガジンのご案内>
外国人トップエグゼクティブに接してわかった、外資で仕事をするうえで大切なこと、成功の秘訣、効果的なストレス解消法、ここだけの話、などブログには書かないことも盛り込んだ6回シリーズのメールマガジンを発行しています。 

ご登録はこちらをクリックしてくださいね







ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 外資系サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
にほんブログ村
関連記事

外資系で出世する人とは? 

おそらく、大部分の外資系ビジネスマン・ウーマンにとって、社長などのエグゼクティブ(マネジメント)には近寄りがたいものがあるのではないかと思われます。 (秘書や補佐など日々、直に接するスタッフ以外の方にとって)

良く、社内でマネジャーの方に言われました。 非常にポジションの高いビジターが訪日した時なども”〇○さんとずっと話しててよく緊張しないね~” って。。。いやいやこちらも仕事ですから(笑)!! 

エライ人にビビッていては、秘書はつとまりませぬ。。。まあ、「エライ人」は本当に必要な事には答えてくれるものです。(特に自分の分身である秘書が必死で聞いてくることイコール自分にとってメリットがあることであることが多い。飛行機の席とか。)

この記事のタイトルで、いきなり 「外資系で出世する人とは?」 と問題提起してみましたが、はてさて、外資で偉くなる人(すでに偉い人含む)とそうでない人の違いって、いったい何なのでしょうか。

近年は海外本社の若手がいきなり高いポジションに、というケースも多々あり、日本支社に長年勤めているベテラン社員の皆様にはちょっと微妙に受け止めているようにお見受けしたりも致します。

そこで、私なりにいくつか考えられる”出世にプラスになっていると考えられる”要素をあげてみました。

1.学歴・資格  有名大学、MBA(特に有名な学校で取得したケース)やPh.D、弁護士、会計士などの高度な資格、などなど
  
2.専門分野 メーカーならその製品に関連したエキスパートなど、大企業ならその時の花形部門 

3.自分の上司に認められる : すごい人に認められて引っ張り上げてもらう、No.2からいきなり一国一城の主。会社に寄りますが、外資ではTOPの意向次第でこれはありえますね。

4.勢力がある方の派閥に入っている: これは。。。外資100%ではあまり聞きませんが。。。むしろ日本の大企業的かもしれません。 

5.タイミング:会社の方針、世の中の流れの変化等で自分のポジションが日の目を見る

6.詳しくはわからないけど株主の意向:(これは私、はっきりは分かりませんがあるらしいです)

7.人柄(や家柄):人間性、社内での人気、品行方正だったり地域で名士であること

8.オーナー企業などだと、創業家関連、株主関連など。

私の感覚では、最も影響しているであろう要素は 
(メーカー系多国籍企業の本社VP以上、ボードメンバーレベルくらいの方のケースです。) 

1~3.. はある程度のレベルまで持ってるのは大前提として(!)
やはり 7.人柄  ではないでしょうか。 


実例(あくまで社内からの見え方)に基づく詳しい解説は次回に続きます。



<メールマガジンのご案内>
外国人トップエグゼクティブに接してわかった、外資で仕事をするうえで大切なこと、成功の秘訣、効果的なストレス解消法、ここだけの話、などブログには書かないことも盛り込んだ6回シリーズのメールマガジンを発行しています。 

ご登録はこちらをクリックしてくださいね







ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 外資系サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
にほんブログ村
関連記事

外資オフィスで「ボヤキ室」が人気だったわけ

在職中、私は自分で自分の職場を秘書室ならぬ”ボヤキ室”と心の中で呼んでいました。 

理由は、外国人上司・日本人上司(日本の組織で言うところの事業本部長)のところに業務の報告に訪れる直属部下の方たちが、(超多忙な上司のスケジュールのため私のオフィスで待ち時間が発生することも多々あり。。。)仕事上やプライベートのお悩み(ボヤキ)を私のところでお話しになることが多かったのです。

一応私も業務にかかわったりもするので、ビジネスの第一線で苦労されている皆様のお気持ち、それなりにわかります。 海外との合弁会社だと、良い事(両方の良いところどり)、大変な事(悪いとこ取り?)どちらも多々あります。
たとえば、海外本社からの要求と日本側の現状との板挟みになったり、世代間のギャップ、中間管理職なりのお悩みだったり、人事がらみらしき悩み深い様子だったり。。。  

悩みの解決に直結してもしなくても、「ボヤキ室」でちょっとお話をすると、皆さま一様に表情が明るくなることが何よりも救いでした。 短い時間でも悩みを話すことは大切な事かもしれない、と感じたのでした。 

話すと楽になりますよね。。。 本当。 


*私自身の体験談

私のキャリアの中では、外資系秘書生活が一番長いのですが、1999年ころからエグゼクティブ・セクレタリーとして、会社を代表する立場の外国人重役を担当していました。

24時間体制で世界中を飛び回って仕事する上司をサポートする中で、週末なども上司のフライト時間や車手配など変更が発生したり、仕事とプライベートが切り離せないストレス、失敗してはいけない、外部の方にも失礼があってはいけないとピリピリして過ごす人間関係のプレッシャーもあって時々体調を崩していました。

当時はヨガ、アロマセラピーなどプロの先生にお世話になったり、ホメオパシーを取り入れたり、各種健康法には時間もお金もかなりつぎ込みました。

色々やってわかってきたのですが、一番大事なのは心の在り方かもしれません。あとは身体が健康であれば精神は何とかついてきてくれるということ。 

波動が高い低いとか良く言われますが、あらゆる感情のなかでも「感謝」が波動が最も高いのだそうです。 何かあったときに感謝の気持ちを持ち続けられると一番強いのかも。

その点イギリス人は何かあってもユーモアでの返しが絶妙で、へこたれないの、あれは尊敬に値しますわ。(良くも悪くもタフ!!)



<メールマガジンのご案内>
外国人トップエグゼクティブに接してわかった、外資で仕事をするうえで大切なこと、成功の秘訣、効果的なストレス解消法、ここだけの話、などブログには書かないことも盛り込んだ6回シリーズのメールマガジンを発行しています。 

ご登録はこちらをクリックしてくださいね







ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 外資系サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
にほんブログ村
関連記事

ごあいさつ ~ 外資系の仕事においてプレッシャーに負けず本来の自分の良さを発揮するには? 

こんにちは。初めまして。
永田 美保子と申します。 

現在はフリーランスとしてコラム記事などの文章を書いたり、海外視察ツアーの企画・コーディネートをしたり、エグゼクティブ秘書の経験を生かして、通訳、翻訳その他エグゼクティブの方のコンシェルジェ業務をお手伝いしたりしております。


2014年10月に退職するまで、外資系企業(米系メーカー、日独合弁メーカー)中心に通算20年間、役員秘書(エグゼクティブ・セクレタリー)としてみっちり仕事をしてきました。 



秘書時代の上司達は多国籍で、アメリカ人、イギリス人、カナダ人、ドイツ人など。最近はエグゼクティブ秘書でも、人員の関係で外国人上司と一対一の専任秘書という形はとらず、そのメインの上司のラインにいる部下や全く違う業務のエグゼクティブ、そして日本人ダイレクターも合わせて数名を同時にサポートする形が多いようです。私の場合は常に複数名にアサイン(担当者として割り振られること)されている形でした。 


外国人トップの上司たちの日本での役割は日本滞在のビザカテゴリーで言うと「経営者」としての立場。 分刻みのスケジュールでの業務プラスその合間を縫って海外出張も多く、超多忙。



そんな仕事をサポートする秘書業務は、それこそ時間とプレッシャーとの戦いでしたが、上司には信頼されていたし、なにより充実感があったように思います。 

秘書という職種は、良い点、大変な点といろいろありますが、良い点としては、直に(だれかのフィルターを通さずに)会社の経営陣に接することができた点、コーポレートカルチャーの源に触れることができた点ではないかと思います。愛社精神がなくては務まらない仕事ですが、怖そうな上司も、時々は本音を漏らしたり、ユーモアで乗り切ったかと思うとブラックなジョークでわたしたちを凍りつかせたり。。。。皆様個性的でした!



そんな日々戦いのような会社生活の中、歴代上司から学んだことの中で特に感銘を受けたことの一つは 会社の顔としてここぞという大切な時に自らのパフォーマンスを最大に発揮するためには、陰であらゆる努力を惜しまない、ということでした。 リラックスと緊張間のバランスが絶妙だと思いました。 (よくいう緊張と弛緩、ですね)


特に、リラックス法としては。。。スカッシュ、ヨットなどスポーツでの気分転換、ランニング、また、マッサージなどのセラピーなどを、時間を作って行っていました。(私もスケジュール調整したり予約を取ったりしました) 
全ての予定のなかで、顧客とのアポなど動かせない日程は別として、心身のコンディションを整えること(自分軸に戻っていることとでもいうでしょうか)が最優先課題、でした。

このブログの目的は、私の長年の外資系生活をとおして学んだことを読者の
皆様にお伝えして行くことです。

お読みいただいた記事が、少しでも皆様の心に響くことがあれば、と心から願っています。

各エントリーのご意見、ご感想、リクエストもお待ちしております! 



<メールマガジンのご案内>
外国人トップエグゼクティブに接してわかった、外資で仕事をするうえで大切なこと、成功の秘訣、効果的なストレス解消法、ここだけの話、などブログには書かないことも盛り込んだ6回シリーズのメールマガジンを発行しています。 

ご登録はこちらをクリックしてくださいね







ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 外資系サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
にほんブログ村

[ごあいさつ ~ 外資系の仕事においてプレッシャーに負けず本来の自分の良さを発揮するには? ]の続きを読む

関連記事

プロフィール

FC2mipo

Author:FC2mipo
こんにちは、MIHOKOと申します。 

1990年代半ばから約20年間、外資系企業などで外国人・日本人両方の役員秘書として、多国籍でエリートの方々と接するうちに、彼らが1日24時間あっても足りないようなスケジュールの激務をこなすのは強い信念があるからに違いない、と思うようになりました。 

そしてさらに、信念だけではない「なにか」を持っていることに気づきます。体力、気力、インテリジェンスのほかに大切な「なにか」。。。

そんなシークレットを地道に追求しつつ、何とか自分なりに言葉にしてみました。皆様の日々の生活がさらに充実するために何らかの形で参考にしていただけたらこんな幸せはありません。

詳しいプロフィールは以下の通りです。

フリーランスのパーソナル秘書、コラムニスト、ライターとして活動中。

★職歴・資格
大学卒業後、自動車メーカー研究所・米国メーカー勤務の後、英国へ語学留学。

その後北欧に駐在しフィンランド・スウェーデン間の定期航路客船に日本人アテンダントとして乗務。 
日本に帰国ご外資系・日系企業の役員秘書業務に2014年10月まで通算約20年携わる。

秘書として担当した上司は、日本人では一部上場企業の代表取締役、外国人(国籍:英・米・ベルギー・カナダ・オーストラリア・ブラジルなど)は海外本社のエグゼクティブVP以上の役職のトップマネジメント。
スケジューリング、駐在員家族の対応、ぺットの動物検疫から100名規模のオフサイト会議設営、プライベートジェットの手配まで幅広い経験を積む。

その他の業務としては一年間、商社の翻訳担当としてニュース記事のヨーロッパ諸国向け翻訳(日⇔英)を担当。

通訳(随時)としてはメディア関連・海外アーティストとのスカイプ会議の通訳などを手掛ける。

他には、英語インタビュー画像の日本語化(テープ起こし)、手紙の作成などを得意とする。

2016年3月から 著名媒体にエグゼクティブ層向けに執筆したコラム記事が掲載開始 

取得資格:
CBS(国際秘書) アソシエイト(準CBS)
ケンブリッジ英検 ファースト

その他の活動:
エストニア e-resident (電子居住者)
 2015年6月在日本 エストニア大使館にて取得

お問合せはこちらからお願いいたします。


































最新記事

ランキング

カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。