スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーラとプレゼンスについて (続き)

こんにちは。

前回の続きです。   オーラとかプレゼンスがあるとはどういうことか、という話だったかと思います。

オーラのある人、ない人では、いったいどこが違うのでしょうか ? 

勝手に仮説1 として姿勢の良さを挙げました。 

確かにアングロ・サクソン人種が、かつてあんなに大きな領土を(体格の面では原住民とくらべて不利なはずなのに)支配できたのは胸を張ってどうどうとした姿勢が与える影響が大きかった。。。 

という話を、とある武術関係者からお聞きしたことが。 
ちなみに彼ら欧米人がパブや立食式パーティなどで立ったまま何時間でも談笑していて平気なのは、中臀筋というお知りに筋肉が発達していることが大きいそうです。 日本人では生まれつき発達している人は少ない模様。 

さらにいえば、姿勢が良ければ免疫力が低下しないでよくなります。(免疫をつかさどる胸腺の働きが阻害されない)

そして仮設 2 として とにかく自信(根拠がなくてよし) なのだと思いました。

理由は一切関係なく、根拠のない自信、そして何かを信じていることほど強いものはありません!!

うーーん。 わたしは自分を信じているだろうか? 

これで良しと思っても、誰かに何か言われるとすぐふらついたり、揺れたりしてるよな~ 
とおもいつつ。 

例えば、仕事でも、結局自分が最初に判断した内容の方が、その後上司や先輩に言われて直した結果よりも良かったな~ 
などと思うことありませんか?  
 
そこで、相手がだれであっても、自分を信じて正当なことは自己主張することも大切なんだなと思うことしきりです。


自己主張で思い出したエピソードがありました。 
以前担当したドイツ人の上司ですが、あらゆることに理由(説明)を知りたがる方がいました。 

日本のシステムはどうしてこうなんだ、なせこの書類を提出する事が必要なんだ、
なぜなぜ。。。。。 

(私は心の中で、この方をなぜなぜオジサマと呼んでいました)

でも、理由をこんこんと説明すると、さっと納得するのですよね。 ほんとうにあっけないくらい。 

というわけで言わなきゃわからない、理屈っぽい間柄にはなりますが、空気読めとが要求されないので、むしろ楽でしたし、なぜなら~ と論理的に展開する話の良い訓練になりました(笑)。当時は大変でしたが、今では感謝しています。 

一度、説明しづらい内容について理由の説明を求められたことがありました。(とある日本的な習慣について)

苦し紛れに 「サムライは一度決めたことは覆さないので、変更できないのです」 といったらとても納得していました(!)
その時、これから困ったときは(特に説得が必要な場面) サムライ、 ニンジャ、 ハラキリ などの反撃できないエキゾチックネタを使おうと心に決めました。

話が大いに脱線しましたが、 自分を信じること、さらに自分の行動・考えにに自信を持つことによって、エネルギーのダダモレを防ぎ結果としてオーラが(英語では いわゆるオーラの事を エナジー・フィールドとよぶようです) 輝くのだと思っています。



最後までお読みいただきありがとうございます。 


<メールマガジンのご案内>
外国人トップエグゼクティブに接してわかった、外資で仕事をするうえで大切なこと、成功の秘訣、効果的なストレス解消法、ここだけの話、などブログには書かないことも盛り込んだ6回シリーズのメールマガジンを発行しています。 

外資にお勤めの皆さんもそうでない方も ご登録はこちらをクリックしてくださいね




ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 外資系サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

FC2mipo

Author:FC2mipo
こんにちは、MIHOKOと申します。 

1990年代半ばから約20年間、外資系企業などで外国人・日本人両方の役員秘書として、多国籍でエリートの方々と接するうちに、彼らが1日24時間あっても足りないようなスケジュールの激務をこなすのは強い信念があるからに違いない、と思うようになりました。 

そしてさらに、信念だけではない「なにか」を持っていることに気づきます。体力、気力、インテリジェンスのほかに大切な「なにか」。。。

そんなシークレットを地道に追求しつつ、何とか自分なりに言葉にしてみました。皆様の日々の生活がさらに充実するために何らかの形で参考にしていただけたらこんな幸せはありません。

詳しいプロフィールは以下の通りです。

フリーランスのパーソナル秘書、コラムニスト、ライターとして活動中。

★職歴・資格
大学卒業後、自動車メーカー研究所・米国メーカー勤務の後、英国へ語学留学。

その後北欧に駐在しフィンランド・スウェーデン間の定期航路客船に日本人アテンダントとして乗務。 
日本に帰国ご外資系・日系企業の役員秘書業務に2014年10月まで通算約20年携わる。

秘書として担当した上司は、日本人では一部上場企業の代表取締役、外国人(国籍:英・米・ベルギー・カナダ・オーストラリア・ブラジルなど)は海外本社のエグゼクティブVP以上の役職のトップマネジメント。
スケジューリング、駐在員家族の対応、ぺットの動物検疫から100名規模のオフサイト会議設営、プライベートジェットの手配まで幅広い経験を積む。

その他の業務としては一年間、商社の翻訳担当としてニュース記事のヨーロッパ諸国向け翻訳(日⇔英)を担当。

通訳(随時)としてはメディア関連・海外アーティストとのスカイプ会議の通訳などを手掛ける。

他には、英語インタビュー画像の日本語化(テープ起こし)、手紙の作成などを得意とする。

2016年3月から 著名媒体にエグゼクティブ層向けに執筆したコラム記事が掲載開始 

取得資格:
CBS(国際秘書) アソシエイト(準CBS)
ケンブリッジ英検 ファースト

その他の活動:
エストニア e-resident (電子居住者)
 2015年6月在日本 エストニア大使館にて取得

お問合せはこちらからお願いいたします。


































最新記事

ランキング

カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。