スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事場での英語、さあ困った どうしよう という時

こんにちは。 

突然ですが、皆さまは職場で英語を使いますか。 

使うといっても、
コミュニケーションがほぼ英語の職場にお勤めの方、
話すのは日本語の方が多いけれど、メールは英語ばかりの方、
年中行事のように外国から上司が来てその時は英語の嵐になる方、

など、それぞれかと思います。

ほぼ英語環境で教育を受けて育った、ネイティブ・スピーカー並みの方は別として、小学、中学以降に英語学習者として英語を身に着けた方はどうやってキープ(しようと)していますか? 

私は明らかに後者で、(後から学んで身に着けた) 相当のハンデをいつも自覚しています。 幸いに秘書業務で使う英語は、普段は対外的なマナーを守る部分と、社内用語(業界用語)中心に押さえておけば、それほど困ることはありません。

実務で使う方は読み、書き、リスニング、スピーキング、全てにおいて内容の正確さが求められるので、英語をツールとして使えるようにしておくことが何よりも求められるのは言うまでもありません。 

ひところ、英語ができる=エライ と思われている時代があったように思いますが、決してそんなことはなく、英語は語学として、あくまで伝える内容があってこそのツールですよね。

私がかなり上級の役員の担当に選ばれてからの事ですが、 ノンネイティブの「 何とか、キチンとできてます 」 レベルの英語では不安になり、マンツーマンの英会話レッスンに自腹で何年間か通ったことがありました。
秘書の先輩でもあまり言わないけれど必要に応じて自己投資している人は多いです。

プライベートレッスンにした理由は、スケジュールの都合で急にいけなくなることもあり、グループレッスンで他人の時間に合わせるより自分だけのスケジュールとして確保したかったからです。
何より、こんなこと聞いてもいいかしら、ということも聞くことができて、集中してレッスンできるのがありがたかったです。

たとえば、昼間上司との会話で気になることがあると(当時の上司もノンネイティブのヨーロッパ人ですが、英語が共通言語)この場合、こういう使い方はどうなのか、失礼にあたらないのか、もっと良い言い方は?  など事例に沿って指導してもらっていました。 

しばらくしてネイティブのアメリカ人・イギリス人上司と担当が変わりましたが、そのころには時間的な都合もあり、英会話レッスンは行かなくなっていました。 

イギリス人上司は恐ろしくわかりやすい英語を話してくださる方でしたが、定期的に行われる人事評価で、或る時、私の英語力を ”Her English is improving ." と評しており、ちょっとガックリ来ました。 やはり。。。 

まあ仕事全体としては評価が高かったので致命的にはならないのですがイギリス人にそう言ういいかたをされると、「あまり言葉ができないと思われているのか。。。」  と 微妙な気持ちでした。 

まあさておき、英語を必要とする方は常に英語に接してキープアップしておいた方が絶対に日々のストレスが減ります。 
車の運転も上手になっておいた方が楽ですよね。 英語も同じことです。 

まあ、私が言うまでもないのかもしれませんが。。。(汗)

最近プライベートレッスンに行く余裕がないのですが、語学は常に触れておくことが大切、と思い、今更オンライン英会話でもないしどうしようか。。。とサーチしていて、地に足のついた教材で使いやすいものをリサーチ中。


 
家族が現在、仕事で英語を使う必要に迫られて、英会話スクールの体験レッスン(グループレッスン)に行くといっていたのですが、(某有名スクール、5回で10,000円らしい)私だったら他の教材の方がいいような気がするのですが、まあ、好みですが。。。。 

私も英語忘れないように頑張ります。。。

<メールマガジンのご案内>
外国人トップエグゼクティブに接してわかった、外資で仕事をするうえで大切なこと、成功の秘訣、効果的なストレス解消法、ここだけの話、などブログには書かないことも盛り込んだ6回シリーズのメールマガジンを発行しています。 

外資にお勤めの皆さんもそうでない方も ご登録はこちらをクリックしてくださいね




ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 外資系サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
にほんブログ村


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

FC2mipo

Author:FC2mipo
こんにちは、MIHOKOと申します。 

1990年代半ばから約20年間、外資系企業などで外国人・日本人両方の役員秘書として、多国籍でエリートの方々と接するうちに、彼らが1日24時間あっても足りないようなスケジュールの激務をこなすのは強い信念があるからに違いない、と思うようになりました。 

そしてさらに、信念だけではない「なにか」を持っていることに気づきます。体力、気力、インテリジェンスのほかに大切な「なにか」。。。

そんなシークレットを地道に追求しつつ、何とか自分なりに言葉にしてみました。皆様の日々の生活がさらに充実するために何らかの形で参考にしていただけたらこんな幸せはありません。

詳しいプロフィールは以下の通りです。

フリーランスのパーソナル秘書、コラムニスト、ライターとして活動中。

★職歴・資格
大学卒業後、自動車メーカー研究所・米国メーカー勤務の後、英国へ語学留学。

その後北欧に駐在しフィンランド・スウェーデン間の定期航路客船に日本人アテンダントとして乗務。 
日本に帰国ご外資系・日系企業の役員秘書業務に2014年10月まで通算約20年携わる。

秘書として担当した上司は、日本人では一部上場企業の代表取締役、外国人(国籍:英・米・ベルギー・カナダ・オーストラリア・ブラジルなど)は海外本社のエグゼクティブVP以上の役職のトップマネジメント。
スケジューリング、駐在員家族の対応、ぺットの動物検疫から100名規模のオフサイト会議設営、プライベートジェットの手配まで幅広い経験を積む。

その他の業務としては一年間、商社の翻訳担当としてニュース記事のヨーロッパ諸国向け翻訳(日⇔英)を担当。

通訳(随時)としてはメディア関連・海外アーティストとのスカイプ会議の通訳などを手掛ける。

他には、英語インタビュー画像の日本語化(テープ起こし)、手紙の作成などを得意とする。

2016年3月から 著名媒体にエグゼクティブ層向けに執筆したコラム記事が掲載開始 

取得資格:
CBS(国際秘書) アソシエイト(準CBS)
ケンブリッジ英検 ファースト

その他の活動:
エストニア e-resident (電子居住者)
 2015年6月在日本 エストニア大使館にて取得

お問合せはこちらからお願いいたします。


































最新記事

ランキング

カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。